ロード中...

うーん…

お使いのブラウザはかなり古いようです。このサイトを利用するには、ブラウザを更新してください。

/
play!

100%の責任を求める請願書

今が責任を負う時なのです。
私たちみんなのために。

誰から商品を購入しているのかを知ることは、消費者である私たちの責任です。 

違法な児童労働や現代の奴隷制のリスクをゼロから確実になくしていくのは企業である私たちの責任です。

そのような企業に法律で責任を負わせるのは、政府を構成する私たちの責任です。

イエス!
0

真面目な友達とチョコファンはすでにサイン済みです!

私たちと一緒に標準を上げましょう

あなたは、そのバナナ、アボカド、チョコレートが強制労働を強いられた子供たちによって収穫されたものだと知ってもなお楽しめますか?


私たちの食べ物は、安全に食べられるように法律で定められた高い品質基準を満たす必要があります。しかし、はて、それを生産する人々はどうでしょうか。彼らは同じように守られているのでしょうか。

うーん… ダメですね。食品業界では人権が、制度的かつ広範囲に侵害されています。

チョコレート作りの例を見てみましょう。カカオ業界の経済システムは、利益の最大化を目的に動いています。カカオ豆の代金が低すぎるため、西アフリカのカカオ農家とその家族は貧困の中で生活しています。

多くのカカオ農家は、生きるために仕方なく農園で子供たちに危険な仕事をさせ、さらに悪いことに強制労働で他人を搾取しています。

ガーナとコートジボワールでは、カカオ農園で働くことを余儀なくされた現代の奴隷制の犠牲者が3万人以上います1。そして、210万人の子供たちが違法な条件で働いています2

自主規制。それが業界と政治家の出した答えです。しかし、自主規制がもたらしたものは、指導者、検査そして多くの熱狂的な雰囲気だけです。意向。約束。しかし、具体的な行動や変化はほとんどありません。

19年前、巨大チョコ会社がサプライチェーンでの児童労働の撲滅を約束しました3。彼らは、約束を果たす期限を守れず、その後何度もあった期限にも間に合いませんでした。

それは私たちの経済システムの失敗であり、すなわち私たちが何かしなければいけません。今がみんなで責任を負う時なのです。
  • 誰から商品を購入しているのかを知ることは、消費者である私たちの責任です。
  • 違法な児童労働や現代の奴隷制のリスクをゼロから確実になくしていくのは企業である私たちの責任です
  • そのような企業に法律で人権侵害の責任を負わせるのは、政府を構成する私たちの責任です。

この請願書で私たちはイエスと言います。イエスです:現代の奴隷のような労働や違法な児童労働をサプライチェーンから排除するために、企業に100%責任を負わせる法律を私たちは望みます。

100万人の署名により、政府は自主規制から法規制へと政策を変更せざるを得なくなるでしょう。トニーズチョコロンリーは、2020年にブリュッセルとワシントンにあなたのイエスを持っていきます。

そうすることが、最終的に企業に約束を守らせることになり、100%奴隷のような労働に頼らないチョコレートを標準にするためのイエスになります!

もうすぐ会えるでしょうか?

参考文書

  1. 世界奴隷指数, P49, 2018。
  2. 西アフリカのカカオ栽培地域における違法な児童労働に関するテュレーン大学の調査、2015年。
  3. ハーキン・エンゲル議定書は、2001年にエリオット・エンゲル下院議員とトム・ハーキン上院議員が協議し、大手チョコレート会社8社によって署名されました。